ホーム > 予防歯科

予防歯科・歯周病予防

予防歯科

正しい知識と技術で、歯のトラブルを一生涯防ぐ。 それが最も安全でリーズナブルな道です。

正しい知識と技術で、歯のトラブルを一生涯防ぐ。
それが最も安全でリーズナブルな道です。

予防歯科とは、虫歯や歯周病の治療をするのではなく、そうなる前に防いで歯とお口の健康を守るものです。
歯科医と歯科衛生士の指導に基づいて、毎日ご自分でおこなう「セルフケア」と、ご来院いただいて神戸市中央区・大倉山駅のさくら歯科医院でおこなう「プロフェッショナルケア」の2つの力で「生涯、健康な歯」を実現しましょう!

私たちの自然な歯は、一度失ってしまえば二度と元には戻りません。できることなら、お子さまに歯が生え始めた時から健康を考えてあげるのがベストの道。
近年、日本でも「予防歯科」への期待が高まっています。一生、自分自身の健康な歯で生活するために、予防歯科を始めましょう。

ご自分でおこなうセルフケアと、歯科医院でおこなうプロケアで万全。

セルフケア
セルフケア

毎日ハミガキしても、虫歯になってしまう。それはきちんと歯をケアできていない証拠です。歯垢を残さないブラッシング方法だけでなく、デンタルフロスやデンタルリンス、またフッ素入り歯磨き剤などを使ってすみずみまで丁寧にケアしましょう。
患者さまのお口の状態に合った適切なケアの方法を、当院がお教えします。

プロケア
プロケア

実は毎日のセルフケアをどんなに頑張っても、完璧に行うのは不可能です。そこで定期的に検診を受けていただき、プロの手で専門的なケアをおこないましょう。歯垢が固まった歯石をとりのぞいたり、PMTCでピカピカ、ツルツルの歯にしたり、シーラントで虫歯を予防したり。
プロだからこそできることが、たくさんあります。

歯周病予防

歯周病かもしれない。そう思ったらすぐに治療を。 あなたの体全身に関係のあることです。

歯周病かもしれない。そう思ったらすぐに治療を。
あなたの体全身に関係のあることです。

歯周病は、お口の中だけでなく糖尿病や肺炎、また妊娠中の女性には早産などを誘発する要因となりえます。歯や歯茎に違和感があれば、すぐに神戸市中央区・大倉山駅の当院へお越しください。歯周病は、患者さまが置かれている「症状進行のステージ」によって治療の難易度が大きく変わります。
末期になってしまうと骨までも失われてしまい、インプラント治療をするとしてもまず骨を造成して土台を作るところから始めなければならないこともあります。
早期に、高い技術と経験を持つドクターが対応することが大切です。

歯周病のステージ

1. 健康な歯肉

歯肉はサーモンピンク色で弾力があり、引き締まっています。歯と歯の間は鋭く、表面にはスティップリングと呼ばれるくぼみがあります。

2. 歯肉炎

歯磨きの際に出血することがあります。歯肉が腫れて丸みを帯び、赤くなってきます。細菌を排除しようと、表面に血液が集中している状態です。

3. 歯周炎

歯茎が下がって歯が長く見えてきます。歯磨きをすると血や膿が出てきます。内部では歯を支える骨が溶け始めています。赤色もしくは赤紫色に腫れており、歯におおいかぶさるようにも見えます。

健康な歯を長く維持するには、プロのクリーニングを定期的に。

健康な歯を長く維持するには、プロのクリーニングを定期的に。

歯を健康なままに長くお付き合いするには、定期的に歯科医のメンテナンスを受けることが重要不可欠です。
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)で、徹底的なクリーニングを受けてください。歯周病や虫歯の原因菌を付着しにくくするだけでなく、歯の着色・変色も防ぎます。またいやな口臭治療・予防にも役立ちます。