ホーム > 小児歯科

小児歯科・小児矯正・マウスピース矯正・マタニティ歯科

小児歯科

「お口で何が起きているのか?」 お子さまに納得してもらいながら進める、安心の小児歯科。

「お口で何が起きているのか?」
お子さまに納得してもらいながら進める、安心の小児歯科。

神戸市中央区・大倉山駅のさくら歯科医院ではお子さまに鏡を持ってもらい、お口の中をご自身で確認してもらいながら治療をおこないます。我々としては患者の顔の前に何もない方が治療しやすいに決まっていますが、お子さまに安心して治療を受けていただくことを優先しています。治療計画についてもお子さまの目線に合わせて説明し、納得してもらうことを大切にします。

「今、自分の口の中で何がおこなわれるのか」を理解し、他院では通院できなかったというお子さまも安心してお越しいただけるようになりました。
また保護者の皆さまにお願いしたいのは、「子どもだから、どうせ永久歯に生えかわるんだし」という考えは絶対にいけないということです。乳歯の状態は、永久歯に確実に大きな影響を与えます。

顎の成長・発育に合わせた無理のない小児矯正

大人の歯列矯正とお子さまのそれの違いは、「顎の成長にあわせて調整する」ことです。
幼児、小学生、中高生とお子さまの年齢によって治療法が変わりますが、お子さまの強みは骨や歯並びがまだ完成していないことです。抜歯しなければならないとしても、大人より抜きやすいメリットがあります。
そのため大人になってからよりも、はるかに短い期間と治療費で矯正することができます。不正咬合による受け口も、発育に合わせて無理なく治療することが可能です。
また定期的に通院することになりますから、虫歯などについても効果的に予防できます。

インビザラインの特徴

患者さまの歯の動きを想定した3次元シミュレーションをもとに、アライナーと呼ばれる透明な装置で段階的に歯を動かしていく矯正方法です。
ワイヤー装置と異なり透明ですので装着していてもほとんど目立たず、お食事の際には手軽に取り外しが可能となるため不快感が明らかに小さく、人気の高い治療です。
ただし大幅な歯の移動は期待できないというデメリットがあります。

子どもの矯正開始時期について

お子さまの歯並びを観察していただき、「おかしいな」と感じたらそれが歯列矯正をスタートすべき時です。当院では安易に乳歯を抜くことはいたしませんし、その時期に合わせたベストの方法をご提案しています。

  • 第一期治療(骨格矯正)……顎の骨がまだ柔らかい時期には、そのバランスを考えて生えてくる歯の土台を整えていきます。
  • 第二期治療(歯列矯正)……永久歯に対し、装置を使って歯並びを整えていきます。

T4K(Training for Kids)

T4K(Training for Kids)

お子さまの「噛む力」を訓練することで、歯と顎が正しい位置になるよう改善するための装置です。基本的にはお家で装着し、学校では使用しません。
また筋機能がアップすることでポカン口の防止、口呼吸から鼻呼吸への移行も実現できます。

マタニティ歯科

マタニティ歯科

妊娠中の方を対象とした治療もおこなっています。
「つわりでブラッシングがちゃんとできない」
「赤ちゃんに栄養を取れて歯が弱くなっている」
「虫歯を治療して大丈夫なのか不安」
などなど、それまでと異なる体の状態に、お困りや戸惑いも多くなるのではないかと思います。
神戸市中央区・大倉山駅の当院はそんな女性の皆さまも、安心して治療を受けていただけます。

スポーツマウスピース

スポーツマウスピース

神戸市中央区・大倉山駅の当院ではご要望に合わせ、スポーツマウスピースも製作いたします。ボクシングや空手、ラグビー、アメフトなど様々なジャンルに対応してお作りすることが可能です。
強打による衝撃または負傷をやわらげ、脳への影響を低くするためにもできるだけお口にフィットしたオーダーメイドでの製作をおすすめしております。